スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレの原因は情報の平準化 その3

モノやサービスの利益は情報の格差から発生する。
100円で販売しているパンを50円で製造していることを
パン屋は知っているけど、消費者は知らない。その情報格差が利益になる。

でも、インターネットの時代になって
情報を秘密にしておくことが出来なくなりました。

せっかく、お金儲けのネタをつかんでも
インターネットで情報が広まるから
「そんなに美味しいお金儲けのネタなら、俺も真似しよう(^▽^)/」
というわけで、すぐに利益が出なくなってしまう。

情報が広まって、誰でも知ってる情報になってしまえば
その情報の価値はなくなってしまう。

ところがです。情報が広がって、誰でも知ってるようになればなるほど
価値が上昇する情報があるのです。

その情報とは有名力です。
インターネットの時代、情報を秘密にするのは難しいですが
情報を広めるのは簡単です。
情報を広めれば有名力が増加します。

有名力が増加すれば、もうこっちのモンです(^▽^)/
お金でも何でも簡単にゲットできます。

有名になること、それが現代の生存戦略(^▽^)/


テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

デフレの原因は情報の平準化 その2

モノやサービスの値段は費用+利益で決まります。
パンを50円の費用で作って、50円の利益を上乗せして売れば
価格は100円になります。

さて、パンを作るためには小麦粉が必要ですし、パン職人に給料を支払わなくてはいけません。
だから、50円の費用がかかることは誰でも納得できます。

しかし、50円の利益とはどこから発生するのでしょうか?
答えは、パン屋と消費者との間にある情報の格差です。
情報の格差から利益が発生します。

パン屋はパンを50円で作れることを知っている。
それに対して消費者はパンを50円で作れることを知らない。
だから、消費者は100円でもパンを買う。

でも、パン屋と消費者の情報格差が平準化すればどうなるでしょうか。
消費者は50円で作ったパンが100円で売られていたことを知って
アホらしくなって、100円のパンを買わなくなるでしょう。

パン屋は仕方なくパンを値下げします。
100円から、80円。80円から60円。60円から51円へ。
パンが51円でパン屋に売っていれば、消費者は納得してパンを買うかもしれません。

でも、パン1個を売って1円しか儲からないなら、パン屋を経営する人なんていなくなるでしょう。

企業は売り上げをあげるために商売をしているのではなくて
利益を得るために商売をしています。

利益が得られないのに、銀行から3パーセントの金利で借金をして
パン屋を起業したら、あっという間に借金の返済に行き詰ってしまいます。

日銀のゼロ金利政策で、銀行の貸出金利が下がっても
消費者と企業の間の情報格差が平準化して
企業が市場から利益を得ることが難しくなってしまったので
銀行からお金を借りません。

銀行からお金が貸し出されなければ信用創造が働かないので、
市場に流通するお金の量は増えません。

だから日本はデフレから脱却できないのです。

日本だけじゃなくて、世界中の先進国で情報が平準化するから
いずれ、世界中の国がデフレになります。

その3につづく(^▽^)/

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

デフレの原因は情報の平準化 その1

デフレとは

  デフレーション wiki
  <<デフレーション (deflation) とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。
そしてその原因は
  << 経済全体で見た需要と供給のバランスが崩れること、
     すなわち総需要が総供給を下回ることが主たる原因である。
      貨幣的要因(マネーサプライ減少)も需給ギャップをもたらしデフレへつながる。
      物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。


需要が供給を下回ることが主たる原因であるとされていますが
需要の増減は、需要を可能にするお金の量の増減に連動するので
つまり、デフレの原因は純粋に貨幣的な要因からくるものです。

デフレが貨幣的要因であるとすれば、所謂「よいデフレ」は存在し無いことになります。

たとえば、パン屋にパンが1つ100円で売っていて
向かいの八百屋にリンゴが1つ100円で売っていたとします。

パン屋の店員はリンゴを食べたいと思いましたが100円玉を持ってないため
リンゴを買うことが出来ません。
八百屋の店員はパンを食べたいと思いましたが100円玉を持ってないため
パンを買うことが出来ません。

パン屋の店員がリンゴを食べるためにはどうすれば良いのかというと
答えは簡単で、パン屋の店員が八百屋の店員に
「パンをプレゼントするから、代わりにリンゴをプレゼントしてください」
と頼めばよいのです。

100円玉なんて必要ないのです(`・ω・´) 
 
 需要があり、供給があるのにお金の供給量が少ないために需要と供給のマッチングが
失敗してしまうなら、それは経済的にも社会的にも損失だから「悪いデフレ」です(´□`。)°

デフレは貨幣的要因の現象である。
だったら、マネーサプライを増加させればデフレから脱却できるじゃん(^▽^)/
というワケで日銀は1999年から現在まで、金融緩和でゼロ金利政策を行っていますが
ぜんぜん、デフレが解消しない(´□`。)°

金融緩和をしてもデフレから脱却できない。
その原因について
リフレ派は
「ゼロ金利政策を実行していなければ、もっと酷いデフレになっていた。
インフレにならないのは、金融緩和が足りないという量的な問題なのであって
ゼロ金利で足りないなら、量的緩和をすればよい」としています。

確かに、ゼロ金利政策を実行しなければデフレが酷くなったでしょうが
でも、量的緩和をしてもやっぱりデフレから脱却できない。

そこでバランスシート不況派は
「企業がバブル崩壊でバランスシートの損失が増えたので
借金返済を優先して、新たに借金をしない。
いくら金利を下げても、企業が銀行から借金しなければ
市場にお金が流通しないからデフレを脱却できない。
企業が、不良債権を償却することに成功すれば
新しく借金をするので、デフレから脱却できる」としています。

確かに、不良債権があれば、新しく借金はしないでしょう。
でも、日本企業はいざなみ景気のころには不良債権を償却して
むしろ、貯金体質になっていましたが、銀行の貸し出しはそれ程増えず
デフレも解消できませんでした。

量的緩和をしても、不良債権を償却してもデフレが解消できない(´□`。)°

そこで今回ご紹介するのが、デフレの原因は情報の平準化だよ派です。

その2に続きます(^▽^)/    

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドリランドカード複製バグ事件、株式市場・ヤフオク市場の反応。

2月19日に発覚したドリランドのカード複製バグ事件。

当ブログで集計しているヤフオク出品数ランキングでは、
事件発覚前の2月16日の集計で
2月16日 ドリランド 4611件
事件発覚から1日後の
2月20日 ドリランド 1552件 に急落。
これは、運営のグリーがドリランドのトレード機能を停止したことが
原因だと考えられます。
当社運営サービス一部機能の一時停止に関するお知らせ

その後、トレード機能が回復したことで
当社運営サービス一部機能の再開に関するお知らせ  
>>2012年2月19日午前11:30より、ソーシャルゲーム「探検ドリランド」におきまして、
  ゲーム内のトレード機能を一時的に停止しておりましたが、
  本件に関する調査並びに対応の目途が立ったことから、
  2月21日午後6:00より一時停止していたトレード機能を再開しましたことをお知らせします  


2月21日 ドリランド 2216件 に回復しました。
けれど、2216件は平時の出品数4000~4500件には程遠い数字。
はたして、このまま事件前の出品数までスンナリ回復するのでしょうか?

ヤフオク出品数は急落しましたが
株式市場では・・・・・・
ちゃーと
20日の寄り付きこそ急落しましたが、その後は急回復。
グリー株反発、「探検ドリランド」一部停止の影響軽微との見方
>>前日は売り込まれたが、きょうの取引では
  「業績に大きな影響はなさそうだとの見方から押し目買いが入っている」
  (国内証券投資情報部)という。


このように事件の影響は小さいと考えられてるようです。

しかし、ヤフオク出品数ランキングからもわかるように
常時4000件以上の出品数でランキング1位2位を独占してきた
ドラゴンコレクション、ドリランドは
出品数1000件程度の3位以下のゲームとは
桁違いの人気ゲームです。

そして、ドラゴンコレクションはコナミが提供しているゲームですが、
ドリランドはグリーの自社製ゲーム。

モバゲーの業績不振の原因が
 DeNAは内製ゲームが不調で第3四半期は芳しくなかったけれど1月以降は回復中
>>営業利益・経常利益は昨年度同期比でマイナスである。
 なぜ、こうなっているのかの理由は、内製ソーシャルゲームの落ち込み、
 特に主力ゲームの怪盗ロワイヤルが落ち込んでいることが原因なのだと
 

利益率の高い自社製ゲームの不振なのだから
グリーの自社製ゲームで、飛びぬけた人気作である
ドリランドの不振が
業績に大きな悪影響を与えないわけが無いと思うのですが・・

これは・・・空売りのチャンス?(・・;)
  株式投資は自己判断で(^▽^)/ 

当ブログのメインコンテンツ、ヤフオク出品数ランキングはこちらからリンク 

テーマ : ゲームニュース
ジャンル : ゲーム

日本橋オタロードにトレーディングカードゲーム店が増えすぎてた

ひさしぶりに日本橋を散策したのですが
トレーディングカードゲーム(TCG)の店が
増えすぎてて驚いた(^▽^)/

--------------------------------------------------------------------------------
当ブログのメインコンテンツ ヤフオク出品数でわかるゲームランキングはここからリンク(^▽^)/
--------------------------------------------------------------------------------
テレビでカードファイト!!ヴァンガードなどのCMを良く見かけるので
流行しているという認識はあったのですが、ここまでの人気とは(・・;)

どの店舗も人だかりが出来ていて熱気ムンムンです。

ホビーステーション外ホビーステーション内


とれじゃらす外とれじゃらす内

ドラゴンスター外ドラゴンスター内

スーパーポテト外スーパーポテト内

G3外G3.jpg

カードラボ内1カードラボ内2

big magic外big magic内

オタロード界隈で目立つ店だけでも8店舗確認できました。
探せば、もっとあるかも。

人気は市場データにも現れてます。
2010年のトレーディングカード市場は約840億円・・・メディアクリエイト調べ
http://www.inside-games.jp/article/2011/05/10/48926.html


再び1000億の大台に? 昨今活況なTCG市場の動向と,その中での新しい取り組みについて,
老舗バンダイに聞いてみた
http://www.4gamer.net/games/138/G013833/20111201097/

>> そこから落ち込んで,2006年には400億を切るあたりまで下がっていますが,
ここ数年で盛り返してきて,2011年度は再び1000億円をオーバーするという見通しを持っている方もいます。


ほとんどの店舗が
カードゲームをして遊ぶスペースと、
カード売り場が併設された店構えになってるのですが
写真を見てもらえばわかるように
どの店舗も、パックに入った新品のカードとならんで
中古のカードを、ガラスケースの中で綺麗にディスプレイして販売している。
中古カードはレアなカードならプレミア価格がついて
もともと1パック150円で5枚入り、つまり1枚30円のものが
1000円や2000円、ブログ主がみた範囲では
最高9000円もの値段がついてたりする。

中古のカード売買はシングルカード売買とよばれるらしいのですが
店舗で開催される大会がファンを集める
http://www.shopbiz.jp/fc/exhibitor/51500385/blog103371.html

>>トレカのビジネスは、新品は比較的安価ですが、中古のレアカードは
取り扱い店舗の粗利益率が70%から80%になりますので、
中古カードの売り上げに占める比率が高いほど店舗の利益率が良くなります。


70パーセントから80パーセント・・利益率高すぎ、わろた(^▽^)/

こんな感じで、トレーディングカードゲームはブームになっているのですが
このブームについて、ブシロード社長の木谷氏がこんな発言をしてます。

オンラインゲームにも通じる? トレーディングカードゲームビジネスの今。
木谷氏に聞く,コンテンツビジネス最前線
http://www.4gamer.net/games/085/G008583/20090525032/

>> まず,結局のところみんなが一番求めているものは,
コミュニケーションのキッカケとなる“共通言語”なのではないか?
というところですね。友達を増やすための“ツール”といってもいい。
SNSだとかモバゲーだとか,ネットでの繋がりというのも,
そうしたニーズを満たすサービスだと思いますが,
TCGは,それをデジタル的にではなくて,
直接的あるいはアナログ的に提供してくれるものではないでしょうか。


なるほど、これは納得です(^▽^)/

でもそれなら、トレーディングカードゲームには熱心なオタク層が
モバグリに対してはあまり好意的でないのは何故なのでしょう?
うーーーーん(`・ω・´)

テーマ : ゲームニュース
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Author:モバグリ速報
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ニコニコカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。