スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリー業績推移(グラフでわかる)任天堂の倒し方より自分の心配を・・・

グリーの歴史を業績の推移と合わせてまとめてみました。

最新の2013年6月決算(12年7月~13年6月)は
売上高    1522億3800万円(前年比-3.8%)
営業利益   482億1500万円(前年比-41.2%)
 

アカン(´;ω;`)絶不調です。

しかも、2013年4~6月期では
海外拠点のリストラや、不人気ゲームの運営停止で
特別損失102億円を計上して
純利益が-3億円に。

2008年の創業以来、一度も赤字になったことは無かったのに・・・・
なんてこったい(´;ω;`)
13年決算 小さい



グリーの高成長の歴史を業績の推移と合わせてまとめてみました。

グリーは2003年、当時楽天の社員だった田中良和氏(現社長)が趣味で作った
ソーシャルネットサービスが元になっています。

サービスがユーザーに好評なので2004年
 株式会社グリーを設立。

その後、ボチボチと運営していたがここで転機が訪れます。
2006年2月
 DeNAのモバゲータウンサービス開始
 モバゲータウンの無料ゲームが大人気に
グリー4小さい
この成功を見たグリーは早速、インスパイアします。
グリー5小さい
こうして2006年11月モバイルSNS、ez greeがスタート
グリー6小さい
そんな時、グリーが革新的なゲームをスタートさせます。
グリー7小さい
釣りスタは携帯電話のポチポチだけで釣りのアクションを表現した面白いゲーム

そして、ゲームとして面白いだけではなく、
大きな魚を釣りたければ、課金して良い釣り竿を手に入れなければならない
という、洗練された課金システムを搭載している点も革新的でした。
グリ8小さい
釣りスタを皮切りにグリーは現在でも人気の定番ゲームを
次々、スタートさせます。グリー8小さい
グリー9小さい
グリー10小さい

釣りスタ クリノッペ ドリランド ハコニワ
 人気ゲームが出揃った
   2009年6月決算は(日本では会計年度を3月で区切る企業が多いのですが
            グリーは6月決算)
9年度決算小さい
お金が儲かればテレビCMが打てる(^ω^)

現在のグリーのオシャレなCMからは想像が付かないですが
この頃のCMは借金タレントの岸部四郎さんが
公園のベンチや、万年床の布団の上でグリーのゲームを携帯でポチポチしながら
「金はない。時間はある。」とつぶやく自虐的なユーモアを感じさせるCM  
グリー12小さい

とにかく、このテレビCMの効果もあってかグリーの認知度が急上昇した
2010年6月決算は
10年決算小さい
売り上げ153%上昇のとてつもない好業績(^ω^) 

絶好調のグリー
そこに、更なる援軍がやって来ます。

大手ゲーム会社KONAMI開発のカードゲーム
グリー13小さい
ドラゴンコレクションは現在、私たちが思い浮かべるソーシャルカードゲームというジャンルの
元祖ともよべる革新的なゲームでした。

また、カードをくじ引きで引き当てるガチャシステムもこのゲームの特徴。
ギャンブル的なドキドキワクワクな楽しさで課金額も上昇。
グリー15小さい
そんな新しい援軍を得た
 2011年6月決算は
11年決算小さい
2009年の売り上げ139億円から2年で2011年の641億円。
約5倍の成長です。とてつもない急成長。大成功です(^ω^)

ドラゴンコレクションのカードゲーム+ガチャの組み合わせは
凶悪な課金システム。
グリー16小さい
カードゲーム+ガチャのゲームが大量に開発されます。
グリー17小さい
グリー18小さい
穴掘り宝探し(トレジャーハント)ゲームだったはずの探検ドリランドが
カードゲームに。ドリル関係なさすぎます。

そのほかにも、とにかくカードゲームが大量にリリース。

プロ野球ドリームナイン(11年春) KONAMI
クローズXWOESR    (11年5月) KONAMI
ガンダムマスターズ   (11年9月) バンダイナムコ
AKBステージファイター (11年10月) グリー

代表的なものだけでもこんな感じ
とにかく、カードゲーム+ガチャのシステムは皆がマネをしたくなるくらい
素晴らしく儲かったのです。

カードゲーム・ガチャで絶好調のグリー
でも、好調すぎてちょっと目立ちすぎたかも・・・・

お役人様から目をつけられてしまいました(´;ω;`)

 2012年5月・・・・・・
コンプガチャショック。消費者庁から景品法に抵触するとか・・・なんとか・・

グリー21小さい
そんなこんなで、大波乱の2012年6月決算は・・・
(この決算にはコンプガチャショックの影響は反映されていない)
12年決算小さい
売上高1582億円(146%増) 営業利益827億円(165%増)
・・・・とてつもない成長です。
売上高1582億円は
悪名高いブラック企業ワタミの2013年3月決算1577億円を超える額。

携帯ポチポチゲームを運営するだけで、ワタミ社員の血と汗と涙の結晶を超える。
凄過ぎます。グリー。

すばらしかった決算。

でも、それはグリー最後の輝きだったのかもしれない。

コンプガチャショックの件以来グリーに逆風が吹き始めます。
グリー24小さい
グリーの主力ゲームはブラウザーベースのゲーム。
けれど、スマートフォンの普及で高機能なネイティブアプリのゲームがブームになりました。
特に、パズドラ(12年2月)は大人気。
グリー25小さい
ゲーム開発会社はわざわざ高い手数料を払って(ネットで見つけた情報によると売り上げの40%)
グリーのポータルでゲームをリリースしなくても
appstoreやgoogleplayを通してゲームをリリースすればよいのであって・・
グリーのビジネスモデルは、もう時代遅れなのでしょうか?

けれど、釣りスタや、ドラゴンコレクションのような革新的なゲームが作られれば
一撃で業界地図が塗り替えられるのがソーシャルゲーム業界。

グリーの資金力と開発力があればパズドラを超えるゲームを作ることだって可能なはず。

がんばれグリー。応援してます(^ω^)私に応援されても意味無いだろうけど(^ω^)



スポンサーサイト

テーマ : ゲームニュース
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:モバグリ速報
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ニコニコカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。