スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレの原因は情報の平準化 その2

モノやサービスの値段は費用+利益で決まります。
パンを50円の費用で作って、50円の利益を上乗せして売れば
価格は100円になります。

さて、パンを作るためには小麦粉が必要ですし、パン職人に給料を支払わなくてはいけません。
だから、50円の費用がかかることは誰でも納得できます。

しかし、50円の利益とはどこから発生するのでしょうか?
答えは、パン屋と消費者との間にある情報の格差です。
情報の格差から利益が発生します。

パン屋はパンを50円で作れることを知っている。
それに対して消費者はパンを50円で作れることを知らない。
だから、消費者は100円でもパンを買う。

でも、パン屋と消費者の情報格差が平準化すればどうなるでしょうか。
消費者は50円で作ったパンが100円で売られていたことを知って
アホらしくなって、100円のパンを買わなくなるでしょう。

パン屋は仕方なくパンを値下げします。
100円から、80円。80円から60円。60円から51円へ。
パンが51円でパン屋に売っていれば、消費者は納得してパンを買うかもしれません。

でも、パン1個を売って1円しか儲からないなら、パン屋を経営する人なんていなくなるでしょう。

企業は売り上げをあげるために商売をしているのではなくて
利益を得るために商売をしています。

利益が得られないのに、銀行から3パーセントの金利で借金をして
パン屋を起業したら、あっという間に借金の返済に行き詰ってしまいます。

日銀のゼロ金利政策で、銀行の貸出金利が下がっても
消費者と企業の間の情報格差が平準化して
企業が市場から利益を得ることが難しくなってしまったので
銀行からお金を借りません。

銀行からお金が貸し出されなければ信用創造が働かないので、
市場に流通するお金の量は増えません。

だから日本はデフレから脱却できないのです。

日本だけじゃなくて、世界中の先進国で情報が平準化するから
いずれ、世界中の国がデフレになります。

その3につづく(^▽^)/
スポンサーサイト

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:モバグリ速報
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ニコニコカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。